乾燥ローヤルゼリーのメリット・デメリット

乾燥ローヤルゼリーとは

メリットデメリットを見る前に、まず乾燥ローヤルゼリーとはどのような物なのか?といった点が気になる方も多いでしょう。

ここでいう乾燥ローヤルゼリーとは名前の通り、生のローヤルゼリーから水分を90%以上飛ばしたものを指します。水分を取られたローヤルゼリーは粉々になるので、多くの製品はカプセルに入れられて商品化されています。

ローヤルゼリーを乾燥させるための方法ですが、昨今では「瞬間冷凍」の技術が発展したことから、多くのものが取れたばかりのローヤルゼリーを冷凍することによって乾燥させています。ただし、物によっては加熱処理を施されているものもあるので、乾燥ローヤルゼリーを選ぶ際には、少し慎重に選ぶ必要があるのです。

乾燥ローヤルゼリーのメリットとは

ではここからは、実際に生のローヤルゼリーではなく、乾燥ローヤルゼリーを選ぶに当たって、どのようなメリットが考えられるのかといったところを見ていきましょう。

メリットをしっかりと把握することによって、ローヤルゼリーを購入する際にも悩む必要がなくなりますよ。

保存が容易になる

生ローヤルゼリーと比べた際の一番のメリットとなるのが、その保存の簡便さ。乾燥ローヤルゼリーは上記で紹介したように、乾燥ののちに粉末にされ、カプセルなどに詰められることとなります。

したがってよほど劣悪な環境に置かない限り、なかなか劣化しないという特徴があります。特に生ローヤルゼリーを摂取したことがある方からすれば、その保存方法の楽ちんさは目を見張るほどではないでしょうか。

飲みやすく携帯も便利

サプリメントによくみられるカプセル状になっていることが多いので、ローヤルゼリー特有の味が苦手だという方でも、苦手意識を感じることなく摂取することが可能となる点も、大きなメリットといえます。
また、生ローヤルゼリーは液状であることが多いため、衛生的な面でも摂取の際に気を付けなくてはいけません。乾燥ローヤルゼリーは、管理もしやすく摂取も簡単です。
そして、他のサプリメントと同じように携帯が便利になるので、いつどこでも飲めるという点から続けやすくなる、という点もメリットになるのではないでしょうか。

乾燥ローヤルゼリーのデメリット

ここまでは乾燥ローヤルゼリーのメリットについて紹介してきました。では反対に乾燥ローヤルゼリーのデメリットとはどのような物になるのでしょうか?実際に長く続けていくためにも、デメリットに関してもしっかりと把握しておきましょう。

乾燥工程による一部の成分破壊の可能性

乾燥ローヤルゼリーを購入する際に一番に気になる点として、生ローヤルゼリーとの成分の違いがあげられるのではないでしょうか。せっかく購入するのならば、効果が高いものがいいというのは誰しもが考えることだと感じます。

上記で紹介したように、昨今では急速冷凍による乾燥が多く使われており、成分破壊はほとんど起きないといわれています。しかし、加工をする以上は何らかの成分破壊は免れませんし、「熱処理」による乾燥を行われている場合は、多くの成分が破壊されている可能性が高くなります。

ローヤルゼリーそのものの効果を実感したいと考えるのならば、乾燥ローヤルゼリーを購入する際にも、成分表示をしっかりと確認しましょう。